好きな事を好きな時に好きなだけする

そんな人生最高じゃないですか。

【永久保存版】Amazonアソシエイトのプラグイン「AmazonJS」導入の忘備録

   

ブログをやっている人でアマゾンアソシエイトのリンクを貼っている人は多いと思います。
有名なブロガーさんのブログを読んでいるとアソシエイトリンクがカッコイイので、自分もやりたいと思っで方法を探っていると「AmazonJS」というプラグインを使っていることが判明。
その際の設定でつまずいた点や分からなかった点など、AmazonJSの使い方を忘備録として残しておこうと思います。
私と同じように設定で悩んだ方の参考になれば幸いです。

WordPressプラグイン「AmazonJS」とは

簡単に言うと、アマゾンアソシエイトのリンクをカッコよくかつ簡単に表示させることのできるプラグインです。
プラグインを使わない場合のアソシエイトのデザインはこのようになります。

これが、AmazonJSを使用すると、

こうなります。
洗練されたデザインになり、売り込みのいやらしさなどがなくなりますね。
よく見る形ということもあり、ブログの読者が慣れていることもメリットの一つです。
私はエンジさんのブログエンジログでこの表示を見つけたのですが、出来た時は感動しました。

AmazonJSを使うための手順

  1. AmazonJSのインストール
  2. FTPの設定
  3. product advertising APIの登録
  4. アクセスキー&シークレットキーの取得
  5. AmazonJSの設定

つまづきやすいので、一つ一つ丁寧に解説していきます。

AmazonJSのインストール

ここはシンプルです。WordPress管理画面のプラグインで「amazonjs」と検索し「いますぐインストール」をクリックします。そして有効化しておきましょう。

それから詳細設定へ進みます。そうすると、

と言った警告文が出てきますので、そこに書いてある通り修正していきます。

FTPの設定

FTPでwp-content何に”cache”という名前のフォルダを作り、”cache”のフォルダ内に”amazonjs”というフォルダを作成します。
その際、必ず”amazonjs”のフォルダ属性を「777」に変更してください。

参考今さら聞けない!FFFTPの使い方

product advertising APIの登録

Product Advertising APIへ行き、商品紹介のためのアカウントを取得します。

Product Advertising API は、Amazon の商品情報や関連コンテンツをプログラムを通してアクセスできるサービスを提供することで、Web 開発者の皆様が、ご自分の Web サイトでAmazon の商品を紹介することによる紹介料の獲得を可能とします。
Product Advertising API は、商品サーチやルックアップ機能を利用して Amazon の商品データ、例えばスペック情報、関連商品、カテゴリ情報や新品、中古品の販売情報などの取得を可能とするサービスです。お客様は、Amazon アソシエイト・プログラムと本 API を組み合わせて利用することにより、Amazon の対象商品の販売に対する紹介料を獲得することが可能です。対象商品の売上に対して、最大 8% の紹介料を獲得するには、Amazon アソシエイト・プログラムへの登録が必要となります。

これは、WordPressの管理画面上から商品検索する際に必要なものになりますので、AmazonJSを使うためには必ず必要になります。

右側のアカウント作成ボタンからアカウント作成

アドレスとチェックを入れて次へ

名前、アドレス、パスワードを入れて次へ

必要事項を記載して、アカウント作成できれがOKです。

アクセスキー&シークレットキーの取得

次に必要項目の取得です。これを取得するためのアカウントは先ほど「product advertising APIの登録」で作成したものになります。
以下にアクセスしてください。

IAM Management Console

先ほどのログパス情報を入力してください。

1.赤枠をクリック

2.赤枠をクリック

3.ピンクの枠を使います!

AmazonJSの設定

プラグインAmazonJSの設定画面へ行きます。

ここに「アクセスキーID」「シークレットアクセスキー」「アソシエイトタグ」の3つを入れます。
前2つはこれまでに取得しているはずです。アソシエイトタグは、Amazonアソシエイト公式ページからアカウントを取得してください。

審査さえ通貨すればOKです!

コピペして保存すれば、完成になります。おめでとうございます。

念のため動作確認

新規投稿の画面へいってください。

どうでしょう?「メディアを追加」の横にマークでてますか?出ているずです。

クリックすると検索画面が出てきますので、キーワードを入れて検索。挿入してください。

みなさん、設定はうまくいったでしょうか?最初は戸惑ったかもしれませんが、しっかりと設定できたと思います。
AmazonJSをつかわなくても、カエレバやヨメレバなどのツールもございますので、いろいろ比較・検討してみてください!

 - WEBサービス, WordPress

adsensepc

adsensepc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

有名コミックも無料で読める!?LINEマンガがすごい

記憶に新しいLINE@ですが、LINEはその他にも多数のアプリをリリースしている …

サイトの画面キャプチャを表示させるWordPressプラグイン「Browser Shots」

当サイトはWordPressのテーマとしてStingerを利用させて頂いているの …

【忘備録】wa-track.comが出てきた!!その対処法とは

「運営しているサイトが急に表示されなくなり、wa-track.comが出てきた! …

NAVERやMERY以外のまとめサイト、どれぐらい知ってますか?

まとめサイトと言えばNAVERが有名ですが、最近はKDDIに買収されて話題のME …

no image
少しだけレンタルサーバーについて話してみる

こんにちは。 今日はサイトの運営で欠かすことのできないレンタルサーバーについて話 …

【WordPressカスタマイズ】ブログをプチリニューアルしました

この記事でも紹介しているように、ワードプレスのテーマにSTINGERを使わせて頂 …

WordPressの引越しをするなら「Duplicator」しかないでしょ!

WordPressのドメイン・サーバー移行を試みて諦めた人は多いのではないでしょ …

Web制作者必見!SEO対策をするなら見ておくべきブログ5選

SEOについての情報を探している方も多いと思いますが、いろいろな情報がありすぎて …

「Kindle for Mac」がリリース!スピード感がすごい!

先日「Kindle for PC」がリリースされたばかりではありますが、早速Ma …

情報収集に使っているニュースアプリ・メルマガ大公開!!

目次1 オススメのニュースアプリ&比較1.1 Gunosy / グノシ …