好きな事を好きな時に好きなだけする

そんな人生最高じゃないですか。

【忘備録】個人事業開業前の準備費用は経費になるのか?

   

フリーランスになるにあたって疑問に思うことの中に「開業する前にかかった費用って経費として落とせるの!?」といったものがあるかと思います。
少し気になったので、調べたところ「開業費」として計上することができるようなので、以下に簡単にまとめておきたいと思います。

開業費とは

開業日以前に事業準備のためにかかった費用のことを指します。例を挙げると「接待費」、「光熱費」、「電話代」、「家賃」、「消耗品」、「旅費交通費」、「ガソリン代」、「宣伝費用」、「給与」などがありますね。

これらの開業費は必要経費として計上することができ、節税にもつながります。しかしながら、開業後すぐに経費とすることが出来るわけではありません。というのも、開業費は「繰延資産」に分類されるため、その年に全額を必要経費として計上するのではなく、その効果が及ぶ期間(償却期間)にわけて計上していきます。

参考繰延資産|法人税|国税庁

先ほど節税に繋がることを言いましたが、これは「繰延資産」が期間内であれば好きなタイミングで経費として計上できることに理由があります。
初年度など、売上があまり立っていない時期に費用に計上するメリットはありません。2期目以降で、売上や利益が確保できてきた段階で、徐々に費用にしていくことで、節税につなげることが出来ます。

コラム:開業費にならないもの

開業日前に使ったお金がすべて開業費になるかというと、そうではありません。
一つの例として、パソコンがそれにあたります。

パソコンは「固定資産」にあたるため、繰延資産ではなく減価償却をする資産となります。税法上、資産の書類ごとに決められている耐用年数に応じて減価償却していくことになります。

参考減価償却とは (減価償却費の意味、耐用年数、残存価額とは)

まとめ

開業費になるものとならないものをしっかりと理解したうえで準備ができると、開業後の資金繰りなどに良い影響を与えることができると思います。
特に最初はお金がありませんからね。

個人事業主になろうと思っている人は下記の書籍も合わせて読んでおくといいと思います。
経費についてはもちろん、必要な書類や人を雇う時の注意点など細かく解説してくれています。

 - ビジネス, 仕事

adsensepc

adsensepc

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あの堀江貴文サロンに入会しました

以前書いたように、私は堀江貴文さんがやっている堀江貴文サロンに興味があり、入会し …

フリマアプリ「メルカリ」-使い方や売れるコツ

フリマアプリで話題沸騰中の「メルカリ」。本当に売れるの?という疑問を持ちつつ、最 …

フリーランスになるための準備と心構え。

理由は様々あると思いますが、フリーランスになりたいと思っている人はたくさんいると …

メタップスが出したアプリ収益化支援ツール「MetapsAnalytics(メタップスアナリティクス)」

最近のメタップスの躍進がすごいということで、当ブログでも一度メタップスのことを取 …

情報収集に使っているニュースアプリ・メルマガ大公開!!

目次1 オススメのニュースアプリ&比較1.1 Gunosy / グノシ …

無料で稼ぐことができる!ハピタス

今日はクレジットカード発行や無料資料請求などをすることで稼ぐことができるサイトを …

ホリエモンサロンに参加したいと思っている今日この頃

私はホリエモンメルマガに登録していて、日々様々な情報を得ています。そこで、最近( …

VR簡易体験!!堀江貴文編集長xRealityハコスコがすごい

あまり知らないという人も多いかもしれないが、最近VR(Virtual Reali …

【まとめ】会社設立に必要な印鑑・ハンコのオススメ通販サイト

法人の設立や個人事業主への転身を考えている方が避けては通れないものが、印鑑などの …

誰にでもできる仕事は機会にとって代わるという話

毎日の日課にNewsPicksの閲覧があるのですが、Amazonが倉庫ロボット1 …