【解説】Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の魅力とは?年に一回でもAmazonを利用する人におすすめ

こんにちは、らすかさすです!

Amazon、してますか・・?

僕は普段からネット通販のAmazonで良く買い物をするのですが、そんなAmazonからクレジットカードが出ているのをご存知でしょうか。

もちろんAmazonクレジットカードですから、Amazonでの買い物における特典があります。

Amazonで年に一回でも買い物をする人は持っておいて損のないクレジットカード。詳しく見ていきましょう!

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の概要

Amazonの出しているクレジットカードですが、種類は二種類で「クラシック」と「ゴールド」があります。

Amazonならではの段ボールデザインが可愛いですね(笑)

さて、ここで気になるのが「自分にはどっちがあっているのか?」ということだと思うのですが、選ぶポイントがあるので後ほどお伝えしようと思います。
⇒今すぐ確認する

まずはそれぞれの特徴について知りましょう。

Amazon Mastercardクラシック

ポイント還元率
Amazonでの買い物 プライム会員:2%
会員以外:1.5%
Amazon以外 1%

クラシックカードの場合、Amazonでのお買い物であれば最大で2%のポイントが還元されます。

「プライム会員ってなに?」という人は下記の記事をどうぞ!Amazonで少しでも買い物する人は入っておいて損はないですよ。

ちなみにですが、ゴールドカードの場合は持っていればプライム会員の特典が使い放題になります。(詳しくは後ほど)

気になる年会費は・・無料!?

カードを持つとなると、やはり気になるのが年会費ではないでしょうか。誰もがカード選びの一つのポイントにしていると思います。

クラシックカードは初年度が無料で2年目から1,350円となります。

しかし、前年に一度でもAmazonで買い物をすれば翌年が無料なので、ほぼ無料と言っても過言ではありません。

Amazonで買い物をしないのであればクラシックカードを持つ意味があまりないので(笑)

なので、年会費無料のクレジットカードと考えても問題はないでしょう。

Amazon Mastercardゴールド

ポイント還元率
Amazonでの買い物 2.5%
Amazon以外 1%

男性なら一度は憧れるゴールドカード。Amazon様もしっかりと用意してくれています。

このゴールドカードですが、持っているだけでプライム特典が使い放題という大きなメリットがあります。

Amazonプライムは普通に入ると年間3,900円かかるので、これがかからないというのはとてもうれしいですね。

プライム特典の詳細は下記を見て頂きたいのですが、Amazonで買い物をする人は入らないと大損というレベルです。

30日間の無料期間もあるので、騙されたと思って一度体験してみてください。

年会費は10,800円!だけど・・

利用状況によって最大6,480円の割引があります。

でも「利用状況によってって何だよ」って感じですよね(笑)
年会費が10,800円かかるとなれば悩んでしまう人も多いと思うので、ここは詳しく見ていきましょう。

初年度年会費割引
  • 申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に登録で5,400円引き
2年目以降年会費割引
  • 「マイ・ペイすリボ」に登録していて前年度に一回以上のカード利用で5,400円引き
  • WEB明細サービスを利用し、過去1年間に6回以上のカード請求で1,080円引き

つまり、年会費の割引には「マイ・ペイすリボ」がとても重要になってくるということです。

ただ、お気づきかと思いますがこれはリボ払いのことを指していてあまり良い印象を持っていない人も多いと思います。

リボ払いに人生狂わされた!って人にはまだ会ったことはないですが、少なからず苦しめられた人もいるはず。

しかし安心してください。リボ払いに申し込んでも大丈夫なように事前に設定しておけば良いのです。

「マイ・ペイすリボ」に人生を狂わされないための手順
  1. Vpassにログイン
  2. マイ・ペイすリボの支払金額増額申し込み
  3. 金額を限度額と同じにする

つなり、強制的に分割払いさせないようにする方法となります。

クレジットカードの特性上限度額以上の買い物はできないので、限度額とリボ払いの設定金額が同じであれば、自動的に分割払いになることはなくなります。

結果、高い手数料を取られることもありません。

クラシックカードとゴールドカード、選ぶ基準はなに?

まず前提として、Amazonで買い物を少しでもする方であればどちらかは持っておくべきだと言えます。ポイント還元率が他のカードと変わってくるので。

そのうえで、クラシックカードとゴールドカードのどちらが自分に向ているのかを考えましょう。

考え方として、Amazonで年に一回でも買い物をすればクラシックカードの年会費は無料になるので、年会費などのリスクがありません。

なので、ここではどういう場合にゴールドカードを持っていた方が良いと判断されるのかを見ていきたいと思います。

Amazonのヘビーユーザーはゴールドカード一択

これに尽きます(笑)

たくさんAmazonで買い物するなら男の憧れであるゴールドカードを持ちましょう!

とはいえ、こんな結論では誰も納得できないと思うので具体的な数字を。

年間84,000円以上の買い物

これがクラシックカードではなくゴールドカードを選ぶ基準です。

ゴールドカードの実質的な年会費420円

  • Amazonプライムがタダ:年間3,900円
  • マイ・ペイすリボで5,400円引き
  • WEB明細の利用で1,080円引き

元々の年会費から差し引くと420円の計算になり、これが実質的な年会費となります。

ここで、クラシックカードとゴールドカードのAmazonでの買い物利用におけるポイント還元率の差は0.5%になるので、84,000円以上買い物をすれば420円以上のポイントをプラスで受け取れる計算になります。

月ではなく年間で84,000円なので、月7,000円の計算。Amazonで良く買い物をする人はこれぐらい簡単に行ってしまいますね。

まとめ

今でも車や公共交通機関を使って買い物に行く人は多いと思うのですが、個人的にはネット通販で済むものはわざわざ買いに行くべきではないと思っています。

これだけインフラも整備されている日本ですから、到着までに一週間もかかるなんてことも少なくAmazonならその日に配送されることあるほど。

お店まで行く時間も結構バカになりません。

これほど便利なものを利用しない手はないはずです。わざわざ店まで行って売り切れていたら・・(泣)

Amazonや楽天など安心して利用ができるネット通販を有効活用し、お得な特典を受けながらポイントもためる。そんな素敵な暮らしをみなさんも是非どうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です