楽天カードよりも楽天ゴールドカードの方がお得?ステータス性を求めるならゴールド一択!

こんにちは、ラスカサスです。

まず初めに、

楽天カードってなんかダサくないですか?

好きな子とデートに行ったとき、スマートに見せるためレストランのお代をサクッとクレジットカードで支払い人も多いと思います。僕はそういうタイプです

そこで、楽天カード(銀色)を出しながら「カードで( ˘ω˘ )(スッ)

ダサい。なんかダサい。

そう感じるのは僕だけでしょうか。いや、そんなことはないはず。(反語)

でも、、

それがもしゴールドカードならどうでしょう?まだマシだと思いませんか?

楽天カードと言えども、金持ちステータスを味わえる天下のゴールドカード。誰でも持てるようなものではありません。

というわけで、ここまでが前振りになりますが、早速二つの違いについて見ていきまっしょう!

楽天カードと楽天ゴールドカードの違い

まずは、簡単に二つのカードの違いを。比較表にまとめたので、どうぞご覧ください。

楽天カード 楽天ゴールドカード
年会費 ずっと無料 2,160円
ポイント還元率 1% 1%
ポイント還元率
(楽天市場)
4% 5%
ポイント還元率
(楽天トラベル)
2% 2%
国内空港ラウンジ 利用不可 無料で利用可能
国際空港ラウンジ 利用不可 一部利用可能
ETCカード 無料(条件有り) 無料
公式サイト 楽天カード 楽天ゴールドカード

ぱっと見た感じだと、大きな違いは

  • ポイント還元率の差
  • 空港ラウンジが使えるかどうか

の2点ですね。

楽天ポイントカードや楽天Edyの機能は、通常の楽天カードにもゴールドカードにも同じように付いています。

ポイントで年会費がペイできるならゴールドカード一択

楽天ゴールドカードの場合、2,160円の年会費がかかってきます。

これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれですが、この年会費をポイントで賄えるのであればゴールドカード一択ではないでしょうか。

銀色の楽天カードダサいですしおすし。

年間20万以上使うならペイできる

楽天カード・楽天ゴールドカードともに、どこで利用しても1%のポイント還元率があります。

なので、単純計算で1年間に20万円以上使うのであれば年会費分は元が取れます。

ちなみに、「普段の買い物は楽天市場が多い!」「旅行に行く時は楽天トラベルを使う!」って言う人はもっと少ない金額でもOK!ポイント還元率が高くなりますので。

楽天市場に関して言えば、楽天ゴールドカードの方が還元率は高くなります。

【結論】年会費2,160円だし、ゴールドカードにしよう!

と、僕は思うわけです。

なんせ、「銀色の楽天カードはダサい」からです( ˘ω˘ )10人いたら9人はそう思っているでしょうね。

多少年会費がかかっても、ゴールドカードというステータスを持つことができると考えれば安いもの。月に換算すると200円もかかりません。

これで好きな女性とのデートでも、「カードで( ˘ω˘ )(スッ)」と自信を持って出せるようになるなら安いものです。

最後に、、

僕は楽天ゴールドカードを持って人生変わりました!(嘘)

ではっ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です